【社内リスク】訴訟が急増中!使用者責任の事例とは
リストラハラスメント(イメージ)
Risk 09

リストラ
ハラスメント

リストラハラスメントはどんな時に起こるのか

リストラハラスメントとは、リストラ対象となっている従業員に対する嫌がらせ行為のことを指します。例えば、退職勧奨を断られたにも関わらず、該当の従業員に対し退職を促すような行為を継続して企業側がすることがそれにあたります。中には行き過ぎた行為によって従業員と揉めてしまうケースもあります。

リストラハラスメントはどんな時に起こるのか

リストラハラスメントとは、リストラ対象となっている従業員に対する嫌がらせ行為のことを指します。例えば、退職勧奨を断られたにも関わらず、該当の従業員に対し退職を促すような行為を継続して企業側がすることがそれにあたります。中には行き過ぎた行為によって従業員と揉めてしまうケースもあります。

リストラハラスメントはどんな時に起こるのか

リストラハラスメントとは、リストラ対象となっている従業員に対する嫌がらせ行為のことを指します。例えば、退職勧奨を断られたにも関わらず、該当の従業員に対し退職を促すような行為を継続して企業側がすることがそれにあたります。中には行き過ぎた行為によって従業員と揉めてしまうケースもあります。

  • 退職勧奨を拒否された後、異動させ能力に見合わない業務につける
  • 無能だからリストラ対象になったと責めたてる
  • 退職勧奨を断られたため、デスクを別室に移し他の従業員との接触を禁止する

こういった行為は違法性がありリストラハラスメントとされています。

会社経営のリスクをオンラインで弁護士に相談できる企業法務サポートサービス登録無料