HOME » 経営の幅が拡がる、賠償責任保険の補償範囲 » 運送業保険(運送業者貨物賠償責任保険)の補償範囲について
運送業保険の補償範囲
労災イメージ

運送業保険の補償内容とは

荷物の弁償額を補償する大事な保険

顧客から預かった荷物に損害が生じた場合、その弁償額(実費)を補償するのが運送業保険(運送業者貨物賠償責任保険)。荷物の弁償事例は、どのような業者であれ、毎年、ある程度の頻度で発生します。運送業を営む経営者として、運送業保険は必須の保険と言うことができるでしょう。ここでは、運送業保険の補償内容や補償範囲、注意点などについてまとめています。

送業保険(運送業者貨物賠償責任保険)とは

運送業保険(運送業者貨物賠償責任保険)とは、顧客から預かった荷物が破損した際、その弁済にかかった費用を補償する保険。当然ながら、運送業者を対象としています。

運送業者は、顧客から預かった荷物に何らかの損害があった場合、原則として、これを弁償しなければなりません。仮に運送業者に過失がなかったとしても、運送業者は損害分を弁償する必要があります。

ところで、輸送車両や輸送船の事故発生率は非常に低く、また、仮に事故が生じて荷物が破損されたとしても、経営に打撃を与えるような弁償額にはならないかも知れません。

しかしながら、もし車両ごと、コンテナごと全て破損(爆発や火災など)した場合には、内部の荷物がすべて破損する可能性があります。その際の弁償額は、高額となるでしょう。 あるいは、個別の荷物を破損した場合でも、その弁償額は高額となる場合もあります。

運送業を営む経営者は、万が一のリスクを回避するためにも、運送業保険には必ず入っておくべきでしょう。

運送業保険の補償内容と補償範囲

運送業保険の補償内容や補償範囲については、各保険会社によって多少の違いがあります。ただし、多くの保険会社においては、以下のような補償内容・範囲となっています。
※実際に契約する際には、契約する保険会社の補償について、担当者から詳しく確認してください。

運送業保険の補償内容

顧客から預かった荷物に生じた実損について補償されます。ただし、保険会社によっては、以下に掲げる荷物について、補償に制限がかかる場合があります。

  • ・青果物(生花や植木なども含む)
  • ・骨董品(美術品、絵画、貴金属、宝石など)
  • ・生動物(豚、牛、活魚貝類など)
  • ・ばら積み荷物
  • ・コンテナ自体、他

また、顧客から預かった貨幣や有価証券への補償については、補償に上限が設けられている場合や、補償の対象から除外されている場合など、保険会社によって対応が異なります。

運送業保険の補償範囲

運送業保険の補償範囲には、契約種類に応じて「限定型」と「拡大型」の2つに分けられることが一般的です。

1.限定型の補償範囲

荷物の仕分け中や運送中などにおいて、典型的に生じるような損害に対してのみ補償をします。荷物の落下、交通事故などによる荷物の破損です。また、典型的とは言いがたいかも知れませんが、火災や爆発、盗難による荷物の破損も補償の範囲に含まれることが一般的です。

2.拡大型の補償範囲

補償ができないもの(遺体など)を除き、限度額を上限に、ほぼ全ての損害について補償します。風雪や作業員の汗などによる荷物の損害、虫食い、ねずみ食いなどによる荷物の損害など、典型的とは言えない理由で生じた損害までが補償の対象となります。

補償が可能な費用の種類

基本的には、顧客の荷物に生じた損害に対して支払った弁償額(実費)について、支払い限度額の範囲で補償します。

契約内容によっては、支払い限度額を下げることもできますが、この場合、保険料は安くなります。あるいは、契約内容によって、弁償額(実費)の一定額まで運送会社が負担する内容にすることもできますが、この場合も、保険料は安くなります。

また、特約を付けることで補償される費用の種類を拡大させることもできます。特約の種類の例としては、次の通りです。

第三者賠償責任担保特約

荷下ろし中に、荷物を落として他人をケガさせてしまった場合、その治療費など。

残存物取片付け費用特約

交通事故などで散乱した荷物の片付け費用など。

継搬費用・急送費用担保特約

交通事故などで車両が走行不能となったとき、荷物を仕向地に輸送する際に追加で発生した費用など。

検査費用担保特約

荷物の破損の有無を検査するために生じた費用など。

運送業保険のポイント・注意点

運送業保険の契約形態には、事業全体を補償するタイプと、車両ごとを補償するタイプとがあります。 経営者としては、事業全体を補償するタイプのほうが安心できる保険になりますが、過去における荷物の破損の発生率、車両の事故率などによっては、保険料が高くなる場合があるので注意してください。一般車両の保険においても、事故率の高いドライバーの保険料が高くなりますが、理屈はこれと同じです。

他の運送業者よりも事故率が高い場合には、車両ごとを補償するタイプの保険を選択したほうが、保険料は安くなることもあることを理解しておきましょう。

運送業者はかならず加入しておくべき

運送業者にとって有益な運送業保険。運送業を経営する方は必ず加入しておくべき保険です。運送業は何らかの理由で積み荷を破損させてしまうことが少なくありません。その度に、荷物を弁償しなくてはいけないのです。定期的な運送契約に限らず、運送物の内容は様々なので、高価な積み荷を破損させてしまうおそれもあることから、運送業保険に加入する際には、その補償内容の確認が大切です。

  • 01

    運送業保険は保険料がネック?

    運送業保険には、事業全体をカバーできる契約と、トラック1台ごとにカバーできる契約があります。事業全体をカバーできる契約は前年度の売り上げを基準にして保険料がかかりますが、事務処理が簡単なのが特徴です。ただ、前年度の事故記録を見るため、前年度に事故の頻度が多い場合、保険料を高く設定されることも少なくありません。

    一方、トラック1台ごとにカバーする契約方式の場合、トラックの稼働状況に応じて保険料が計算されます。1台ずつ細かくチェックが必要なため事務処理は面倒ですが、保険料の支払いを抑えることができる可能性があります。ですがその場合は、保有車両の稼働状況を調節する必要が出てくるので、車両の償却に関する視点からでは、多少の矛盾が生じてしまう点が問題です。

    どちらが最適な保険か、見直す機会を設けてみてもいいかもしれません。

  • 02

    補償範囲はかなり繊細?!

    積み荷の話に戻りますが、お金や宝石、骨董品などの高価なものを運搬する際に破損事故を起こしてしまった場合、例えば「1梱包あたり最大10万円までしか補償できない」といった内容のように、支払われる補償額が限られることがあります。

    数千万円もする品物だった場合、10万円では弁償額には到底及ばないので、会社の資金から弁償代の不足分を補填するケースもあります。そのような万が一の状況に備えて、業界的には保障範囲を色んなパターンに設定する形で、特約を加える企業が大部分を占めます。

  • 03

    運送業は損害賠償責任保険も併用するのが当たり前?

    運送業は荷物に対するトラブルがつきものです。社員一人ひとりが荷物を安全に積み下ろしすることを徹底すれば、器物の損傷事故を減らすことはできますが、事故については完全になくすことは難しいというのが実情です。

    運送業保険ではカバーしきれないリスクに備えて、包括的な賠償責任保険と併せて加入しておくと、安心感や経営への安全度は増します。

    加入している運送業保険の補償範囲や賠償額、特約に入っているか等を確認した上となりますが、特約を見直すことで保険料を安く抑えながら今以上の保証を受けられることがありますので、今支払っている保険料に見合った補償を受けられるか併せて見直してみるのもいいでしょう。

    「契約、加入すれば安心」ではなく、定期的に保険の専門家に相談することも会社の利益につながるでしょう。