HOME » 経営の幅が拡がる、賠償責任保険の補償範囲 » 機械設備の万が一の故障に備える機械保険
機械保険の補償範囲
機械保険イメージ

機械保険の補償内容とは

機械の損害を補償する重要な保険

機械保険とは、工場や事務所に設置した稼働可能な機械等が、何らかの原因で損害を受けたり故障したりしたときに、これを補償する保険です。工場に機械設備を一箇所に多く設置している会社、または、台数は少なくても高額な機械設備を導入している会社は、ぜひ検討すべき保険と言えるでしょう。ここでは機械保険の補償範囲の例や、補償適応外の例、火災保険との違いなどを詳しく解説します。

機械保険とは

機械保険とは、工場や事務所などにある稼働可能な機械を対象にした保険。何らかの理由によって保険の対象となる機械が稼働できなくなった場合、これを補償する保険です。

保険会社から支払われる保険金には、主に以下のようなものがあります。

損害保険金

機械を稼働可能な状態に戻すために要した費用について、これを補償します。機械の修理費用が、損害保険金にあたります。

臨時費用保険金

機械の故障等に対応した際の宿泊費や交通費について、これを補償します。上限額が決まっていることが一般的です。

残存物取片づけ費用保険金

機械が故障等によって使用できなくなってしまった場合、その機会の片付けや取り壊し等に要した費用について、これを補償します。上限額が決まっていることが一般的です。

損害防止費用保険金

機械の損害の発生防止、または損害の拡大防止のために要した費用について、これを補償します。ただし、上記「損害保険金」が支払われる事例においてのみの補償となります。

なお、契約のタイプについては、機械ごとに個別で契約をする「個別機械契約」と、事業所内の機械設備を一括で契約する「機械包括契約」の2種類があります。保険会社によっては、「個別機械契約」しか用意していない例もあります。

補償が適応される範囲

取り扱い操作ミス

例)

・従業員による点火ミスによって、ボイラが爆発し故障した場合。

・機械に異物を巻き込んで機械設備が故障した場合。

第三者の悪意・過失

例)

・従業員以外の第三者が、悪意をもって、または過失によって機械を故障させた場合。

ショート・スパーク等

例)

・電気系統等の不具合により、機械がショート・スパークを起こして故障した場合。

・モーターが焼き付いて故障した場合。

モノの落下・衝突

例)

・モノが落下または衝突し、機械が損害を受けた場合。

・フォークリフトが倉庫内にある機械設備に衝突し、機械設備が損害を受けた場合。

補償の適応外となるケース

故意・重過失

保険契約者・被保険者等が、故意または重過失によって機械に損害を与えた場合は、補償されません。上で「取り扱い操作ミス」による機械の故障を補償範囲と説明しましたが、あまりにも重大なミスによって生じた機械の故障については、補償されない可能性があります。

火災

火災によって機械が損害を受けた場合は、補償されません。これを補償するのは、火災保険です。機械設備を置く工場の火災は、たびたびニュースで耳にします。経営者は、機械保険だけではなく火災にも加入しておくべきでしょう。

盗難

盗難によって機械を失った場合や、機会が作動しなくなった場合は、補償されません。

サビ・変色・腐食

機械の単なるサビ・変色・腐食、または、それらを原因とした機械の故障等については、補償されません。

経年劣化

日常的な使用において、摩耗などの経年劣化を理由とする機会の故障については、補償されません。

自然災害

地震や噴火、洪水、土砂崩れなどの自然災害によって機械が損害を受けた場合は、補償されません。

戦争やテロなど

他の一般的な保険と同様、戦争、テロ、暴動、労働争議などが原因で機械が損害を受けた場合は、補償されません。

機械保険と火災保険の違い

機械保険には、火災による機械の損害を補償する機能がありません。火災によって機械に損害が生じた場合は、火災保険によって補償されます。

一般に、火災保険の補償範囲は広めです。火災による損害だけではなく、風災や水災、落下物による被害、など火災以外のものも広くカバーしているのが火災保険です。火事にいたる一歩手前のショートやスパークで機械が故障した場合も、火災保険の補償範囲に含まれる場合もあります。

ただし、火災保険の商品内容によっては、機械設備の故障や損害を補償の対象外にしている場合もあるので、今一度、現在加入中の火災保険の補償範囲を確認しておいたほうが良いでしょう。

なお、機械保険の加入を検討する際には、保険料の節約のためにも、火災保険と補償内容が重複していないかを確認しておいてください。補償範囲が不明な場合には、契約した代理店などで改めて確認してもらったほうが良いでしょう。

高額な機械を導入している法人は加入を検討すべき

製造業に限らず、機械を設置している業種は数多くあります。百貨店・専門店の小売業、レストラン・旅館などのサービス業、オフィスなどでも社内には様々な機械や設備が導入されているはずです。そういった意味では、どのような業種であれ一度は機械保険への加入を検討してみるべきだといえます。特に多くの機械を使用する製造業では、機械保険への加入は必須といっても過言ではありません。

  • 01

    高額な機械の所有が、事業推進とリスクを抱える両面をもたらす

    工場内に設置している機械や設備の総額は、億単位を超えるところも決して少なくはないでしょう。それらが従業員の作業ミスによって故障することは、十分に考えられます。機械の機能が失われてしまうと、再び多くの財産をはたいて設備投資をしなければいけません。仮に融資が遅れることで資金繰りが難しくなると、最悪の場合は経営が破綻してしまう可能性すらあります。つまり、高額かつ多数の機械を所有する企業ほど、保険への加入は避けられないと言えるでしょう。

  • 02

    補償範囲の違いも要確認

    機械保険は火災保険とは違い、火災による損害の補償の機能が無いのが特徴です。火災保険は火災や風災、水災など広い範囲で損害を補償してくれます。高額な機械が多く、機械保険の加入を考えている場合には、火災保険と保険内容が被っていないかを必ず確認しましょう。 火災保険は商品内容によって、火災手前のショートやスパークでも保証範囲に含まれている場合があるため、余計な経費となってしまうことも十分にあり得るからです。機械設備の故障など、補償範囲が明確に違う保険であれば、把握もしやすいでしょう。

  • 03

    抜け漏れのない保険を知るべき

    保険料を抑えながら損害を幅広くカバーするためには、抜け漏れなく多くの種類を拾っていかなければいけません。これから機械保険への加入を検討しているという経営者の方は、万が一の事態に備えて包括的な賠償責任保険への加入がおすすめです。事件や事故は起きるタイミングが予測できるわけではないので、いざという時のためのリスクヘッジをしておくことが重要といえます。様々な保険会社の内容を比べて、自分にとって、会社にとって一番合った保険を見つけましょう。