HOME » 経営の幅が拡がる、賠償責任保険の補償範囲 » イベント賠償責任保険の具体的な内容
イベント賠償責任保険の補償内容
イベント賠償責任保険イメージ

イベント賠償責任保険の補償内容とは

イベントにおける不測の事故に備えよう

お祭りやコンサートなどを始めとした各種イベントにおいて、不測かつ偶発的な事故による主催者の損害賠償責任を補償するのが、イベント賠償責任保険。イベントを主催する側にとっては、ぜひ検討すべき保険の一つと言えるでしょう。ここでは、イベント賠償責任保険の具体的な内容や補償範囲、補償の適応外になるケースなどをご紹介します。

イベント賠償責任保険とは

イベント賠償責任保険とは、人がたくさん集まる各種イベントにおいて、他者に民事上の賠償責任を負った場合、これを補償する保険です。時折、ニュースなどでイベント中の事故を耳にします。事故の状況によっては、主催者が賠償責任を負う可能性も十分にあるでしょう。万が一の事態に備え、イベント賠償責任保険は、主催者全員にとって必要な保険と言えます。

イベント賠償責任保険の対象となる、具体的なイベントを見てみましょう。

■お祭りなど

お神輿・山車、七夕祭り、花火大会、とうろう流し、よさこい祭り、盆踊り、記念パレード・祝賀パレード、桜祭り、雪祭り、こどもの日の行事、ひな祭り、餅つき大会、正月行事、どんど焼き、他

■文化的イベントなど

コンサート、演劇、ピアノ発表会、バレエ発表会、学園祭、体育祭、他

■催事など

デパート催事、物産展、販売促進会、見本市、展示会、振興会、プロモーションイベント、グルメイベント、骨董市、フリーマーケット、他

■式典行事など

機成人式、自治体防災訓練、叙勲式典、町興しイベント、他

■講演会など

講演会、講習会、就職説明会、他

■スポーツイベントなど

野球、サッカー、マラソン、陸上競技、テニス、バレーボール、ラグビー、相撲、ボーイスカウト、キャンプ、遠足、他

上記の他にも、人が集まるイベントのほとんどがイベント賠償責任保険の対象となります。

人が集まる場所にはリスクも集まる

お祭りやコンサート、展示会、スポーツ大会など「イベント」と呼ばれるものは多種多様で、そこに集まる人もさまざまです。だからこそイベント開催には数多くのリスクが想定され、それに備えたイベント賠償責任保険への加入は不可欠と言えます。

イベントに伴うリスクには、来場者や関係者がケガをしたり病気になったりするリスク、イベント会場や機材の損壊リスク、宣伝広告で他者の諸権利を侵害してしまうリスクや、それらに対する訴訟リスクなど、色々なものが考えられます。

イベントでは主催者責任が原則なうえ、莫大な損害が生じることも珍しくありません。適切なイベント賠償責任保険を必要に応じて用意しておくことは欠かせません。

各保険会社のイベント賠償責任保険概要

保険会社と保険商材 主な補償内容 加入・契約方式
三井住友海上
【ビジネスプロテクター】

施設・設備の管理不備による損害(身体/財物)
業務中の事故による損害(身体/財物)
来訪者の財物損壊
被害者治療費
基本補償
東京海上日動火災保険
【超ビジネス保険】

火災・爆発・落雷・風水害などによる損害・休業
盗難による損害・休業
施設・業務遂行中の事故
選択+組合せ
損保ジャパン日本興亜
【ビジネスマスター・プラス】

火災・爆発・落雷・風水害などによる損害・休業
施設の危険による事故の賠償
業務中の事故による賠償
選択+組合せ
AIG損保(旧AIU保険)
【スマートプロテクト】

施設が原因で起こった事故による損害
火災・爆発・落雷・風水害などによる損害
選択+組合せ
日新火災海上保険
【ビジサポ】

施設が原因で生じる事故
仕事中の行為が原因で生じる事故
選択+組合せ
明治安田損保
【施設所有(管理)者賠償責任保険】

施設の管理の不備による偶発的事故・損害
施設の内外で行なう業務遂行中に生じる偶然な事故・損害
基本補償
共栄火災
【商売の達人(K-Biz)】

施設の管理不備による事故・損害
業務遂行中に生じた事故・損害
被害者の見舞い費用
基本補償
チューリッヒ
【チューリッヒ企業総合賠償責任保険】

身体への障害に対する賠償損害
財物損壊に起因する損害
基本補償
あいおいニッセイ同和損保
【タフビズ 事業活動総合保険】

火災・爆発・落雷・風水害などによる損害・休業
施設の所有・管理、業務遂行に起因する事故による賠償責任
施設内で発生した偶発的な事故による被害者の治療費
選択+組合せ
大同火災海上保険
【DAY-PRO!事業財産保険】

火災・落雷・破裂・爆発などによる損害・休業
物の落下・飛来・衝突などによる損害・休業
選択+組合せ

保険会社各社の履行保証保険・工事に関する保険概要

三井住友海上「ビジネスプロテクター」

■イベント施設の損壊から食中毒発生まで幅広くカバー

ビジネスプロテクターは年間売上50億円以下で、製造業・販売業・飲食業・サービス業を営む企業を対象とする賠償責任保険です。業務中に生じた様々なリスクを補償してくれる保険となり、2種類の基本補償(ベーシックプラン、プレミアムプラン)に加え、任意に選べるオプション補償が用意されています。

ベーシックプランでは、施設の構造上の欠陥や安全管理不備によって生じた事故、リース機材の損壊、従業員の不注意で来場客がケガを負った場合などを総合的に補償してもらうことが可能です。

また、プレミアムプランでは「借用イベント施設補償」が追加されます。イベント会場施設に損害を与えてしまった場合にも、支払限度額1,000万円の範囲内でオーナーに対する損害賠償責任が補償されます。加えて、オプションの「食中毒・特定感染症利益補償」も、イベント賠償責任保険として非常に有用となるポイントです。

東京海上日動火災保険「超ビジネス保険」

■企業やイベントのニーズに応じて組合せ可能

超ビジネス保険は、様々な事業リスクが、1つの保険で包括的に補償される保険です。補償内容は企業のニーズに応じて選択・組合せが可能で、オーダーメイドタイプの保険といえます。

超ビジネス保険で選べる基本補償では、イベント会場の安全管理や業務内容に不備があって来場者がケガをした場合の補償や、スタッフの不注意でリース機材を壊してしまった場合の補償、事故によって従業員が負傷した労災事故に対する補償といった、イベント賠償責任として重要な補償をまとめて選択することができます。

また、オプションを追加すれば、リース機材に関する補償範囲が紛失や盗難にまで拡大されるうえ、イベントの内容・広告などで他者の著作権や名誉を侵害してしまった場合に対する補償や、事故解決にかかった訴訟費用、企業の信頼を回復するためにかかった費用などまでが補償される点も、イベント賠償責任として魅力的です。

損保ジャパン日本興亜「ビジネスマスター・プラス」

■自然災害や人為的ミスのサポートが充実

ビジネスマスター・プラスは、1つの契約で包括的に補償することができるオーダーメイド型の賠償責任保険です。事業を取り巻く多種多様なリスクが、大きく物損害・賠償責任・業務上の災害・休業損失の4つに分類されており、基本補償(プラン)の選択に加え、各リスクに対する4種類の補償ユニットを自由に組み合わせることができます。

イベント賠償責任としては、飲食業や小売業、サービス業を対象とした「ビジネスプラン」が適しており、さらに「ワイドプラン」と「エコノミープラン」の2種類から選択可能です。特にワイドプランでは、火災や風災といった災害に加え、人為的ミスによる事故なども幅広く補償され、各ユニットを組み合わせることで、イベント会場の汚損やリース機材の損壊・盗難、来場客のケガや食中毒、従業員の労災事故といった、イベント賠償責任として有効な内容をまとめて設計できます。

AIG損保「スマートプロテクト」

■イベントの内容に応じて柔軟にオプションを付加

スマートプロテクトは、企業が業務災害や賠償責任、財産などにおけるリスクについて、必要な補償を自由に組み合わせられる柔軟な保険商材です。基本補償に加えて、業務災害・雇用リスク・賠償責任・財産の4つの分野のリスクに関する補償範囲を、オプションによってさらに拡大させることができます。

イベント賠償責任として充実した補償を受けるには、イベントの内容に応じてオプション補償を付加させることが適しており、例えば「無償預かり品・建設受託物補償特約」によって、イベントの安全な遂行のために来場客から荷物を預かった際の汚損・紛失・盗難リスクや、イベント会場として借用している施設への損壊リスクなどが補償されます。

また、「食中毒・特定感染症利益補償特約」を付ければ、提供した料理で食中毒などが発生して被災者が休業せざる得なくなった際の損害まで補償されるため安心です。

日新火災海上保険「ビジサポ」

■あらゆる業種のイベントリスクを包括的に補償

ビジサポは、様々な賠償リスクがまとめて補償されるタイプの賠償責任保険です。また、業種別の専用プランが用意されており、イベント専門業だけでなく、飲食業や販売業といった、独自にイベントを開催する可能性のある業種でも、イベントリスクを包括的に補償することができます。「施設や仕事中の行為」「つくったもの」「仕事で預かったもの」「仕事で預かる自動車」の4つの分野に関する賠償リスクを補償する基本特約に加えて、さらに業種ごとに特化した追加特約を選択可能です。

イベント賠償責任保険としては、基本特約によって会場内で発生した事故や食中毒の治療費などが補償されます。さらにオプション補償を追加すれば、例えば管理財物拡張補償特約によって、リースした機材や車両に関する事故が補償され、食中毒・特定感染症利益補償特約によって、食中毒の治療期間中の喪失利益なども補償されます。

明治安田損保「施設所有(管理)者賠償責任保険」

■イベントを滞りなく終わらせるための備え

明治安田損保の施設所有(管理)者賠償責任保険では、工場や事務所、店舗など業務に関わる施設の、構造上の欠陥や安全管理の不備によって発生した事故が補償されます。またそれに加えて、イベント会場内だけでなく、外で行われる業務中に生じた事故による、法律上の損害賠償責任も補償されます。

大勢の人が一度に集まるイベントでは、イベント開催中だけでなく、イベント準備中の安全管理が重要になり、特に不特定多数の来場客の安全面について補償してくれる保険は、イベント賠償責任保険として重要です。

施設所有(管理)者賠償責任保険では、例えばイベント準備中に機材が倒れたことでスタッフがケガをしたり、イベント開催中に会場施設の階段で来場客が転倒して事故が起きてしまったりした際にも、必要な賠償責任が補償されるため、イベントを滞りなく終わらせるための備えとして、有用な保険といえるでしょう。

共栄火災「商売の達人(K-Biz)」

■イベント規模に応じて支払限度額を選択

商売の達人(K-Biz)は、事業活動に関わる賠償責任リスクを総合的に補償してくれる保険商材で、施設・業務遂行に起因する賠償責任、生産物に起因する賠償責任、預り物に起因する賠償責任、またそれらの事故に伴う諸費用が包括的に補償されます。また、これに加えて、訴訟費用や企業イメージの回復にかかる費用、事故再発防止費用などが、特約によって補償されます。

商売の達人(K-Biz)では基本補償として、基本的な損害賠償費用を補償するベーシックプランと、事故対応費用や訴訟対応費用まで広く補償するワイドプランが用意されており、さらにそこへ食中毒・特定感染症による損益を補償する特約や、イベント会場として借用している施設に対する補償特約などが、オプションとして追加可能です。

尚、保険金の支払限度額としては、「1億円」「3億円」「5億円」の中から、イベント規模に応じて選択します。

チューリッヒ「チューリッヒ企業総合賠償責任保険」

■海外のイベントにおける賠償責任リスクにも対応

チューリッヒ企業総合賠償責任保険では、企業活動に関わるリスクをまとめて補償することで、補償内容の重複や漏れを防止しています。さらに、チューリッヒのインターナショナル・プログラムを使い、国内だけでなく、海外のイベントにおける賠償責任リスクについても綿密に対応することが可能です。

チューリッヒ企業総合賠償責任保険では、業務によって発生した人身傷害や、財物損壊による賠償責任を包括的に補償することで、イベント開催に伴う来場客のケガ・病気のリスクや、イベントのためにリースした機材や物品に関するリスク、来場客から預かった財物に関するリスクなどに、幅広く備えることができます。

また、英文の付保証明発行にも対応しているため、海外企業や海外ゲストなどと協同開催するイベントを計画している企業にとっては、魅力的なポイントとなるでしょう。

あいおいニッセイ同和損保「タフビズ 事業活動総合保険」

■業務継続が困難になった場合の休業損害も補償

タフビズ事業活動総合保険は、建物などやその中にある設備などについての損害リスクを補償するだけでなく、その損害によって業務継続が困難になった場合の休業損害といったリスクも総合的に補償する保険商材です。基本補償として「財物(基本補償の1)」・「休業損害(基本補償の2)」・「賠償・費用(基本補償の3)」の3つの分野が対象とされており、基本補償の1と2については、さらに「ワイドプラン」・「ベーシックプラン」・「エコノミープラン」の3プランから選択できます。

また、さらに様々なオプション補償が追加でき、イベント賠償責任としては、受託物賠償責任補償特約で他者から預かったものの損壊や紛失について補償したり、借家人賠償責任・修理費用補償特約によって、イベント会場として借用している建物に損害を与えた場合の賠償責任が補償されます。

大同火災海上保険「DAY-PRO!事業財産保険」

■「財物」に対するリスクを総合的に補償する保険

DAY-PRO!事業財産保険は、企業活動に関連する物件や、什器・備品、商品・製品、その他の家財や動産など、「財物」に対するリスクが総合的に補償される賠償責任保険です。5つの基本補償プランが用意されており、イベント賠償責任として考えるのであれば、基本補償を全て含むワイドプランか、少なくともスタンダードプランを選択することになります。また、オプション特約をセットすることになるでしょう。

オプション特約には様々なものがあり、商品等盗難危険補償特約によって商品や製品の盗難リスクに備えたり、借家賠償責任補償特約によってイベント会場として借用している施設の賠償リスクに備えたり、さらには食中毒・特定感染症利益補償特約によって食中毒が発生した際の、被災者の損益などに備えることで、イベント賠償責任保険としての充実度を上げられます。

イベント賠償責任保険が適応されるケース

上記のようなイベントにおいて、設備の欠陥等やスタッフの不注意等によって生じた損害賠償責任について、これを補償するのがイベント賠償責任保険です。他者の生命や身体に対する損害賠償責任、および他者の財物に対する損害賠償責任、ともに補償します。

■設備の欠陥等によって生じる賠償責任の例

  • ・町民体育大会の最中、強風で仮設テントが倒壊。鉄製の支柱が参加者を直撃してケガを負わせた。
  • ・行事で設置した仮設の看板が落下し、来場者にぶつかってケガをさせた。

■行事等での不注意による事故

  • ・コンサートにおける観客への誘導ミスにより、将棋倒しが発生して観客がケガをした。
  • ・展示即売会において、スタッフが商品を説明している時に、誤って商品を来場者の足の上に落としてしまい、ケガをさせた。

以上のような事故に対して、一般的なイベント賠償責任保険では、民事上の賠償金額のみならず、付随する様々な費用について補償します。以下、東京海上日動の「イベント保険」において、賠償責任に関わる補償の種類を見てみましょう。

■損害賠償金

民事上の損害賠償責任に要する費用について、これを補償します。他者に支払うべき治療費、慰謝料、修理費などです。

■争訟費用

当該の損害賠償事案に関連した訴訟費用、弁護士費用などを補償します。

■権利保全行使費用

発生した事故について、主催者が他人から損害賠償を受けることができる状況の場合、その権利を保全するために要した費用を補償します。

■損害防止費用

事故が発生した場合において、事故の拡大等の防止のために必要な費用について補償します。

■緊急措置費用

事故が発生した際、被害者の応急措置などに要した費用について補償します。

■協力費用

事故の解決にむけた保険会社への協力に要した費用について、これを補償します。

イベント賠償責任保険の適応外となるケース

イベント賠償責任保険は、いかなるイベントにおける事故、いかなる理由における事故も、すべて補償するという保険ではありません。補償が適応外となるケースについて、東京海上日動の「イベント保険」を見てみましょう。

■イベント賠償責任保険の適応外となるケース

  • ・主催者側の故意によって生じた事故
  • ・航空機や昇降機、自動車、動物などの使用・管理ミスによる事故
  • ・主催者側のスタッフが負ったケガなど
  • ・排水や排気(煙含む)に起因する事故
  • ・他人から借りた財物の破損
  • ・イベント施設の設営や改造、取り壊し工事などにおける事故
  • ・アスベストや、アスベストを含む物質に起因する事故
  • ・戦争、暴動、地震、噴火、津波などによる事故
  • ・他人との特別な約定がある場合、その約定に基づく加重された賠償に関する責任
  • ・主催者の占有を離れてしまった商品(飲食物など)に起因する事故

上記のようなケースにおいては、東京海上日動以外の保険会社においても、イベント賠償責任補償の適応外となります。詳細については、保険会社または保険代理店で確認してください。

法人だけではなく任意団体や個人も加入を

イベント賠償責任保険は、主催者の賠償責任による損害を補償する保険です。行事運営上の偶発的な事故によって、ケガや破損の責任を負担することで発生する損害に適用されます。

  • 01

    不特定多数に対する保険の必要性

    どのようなイベントであれ、そこには多くの人が集まります。多くの人が集まるということは、その分だけ、損害賠償を伴う事故の発生率も高くなることを理解しておきましょう。また、人が多く集まるからこそ、不特定多数の人から同時に損害賠償を請求されることもあります。法人だけではなく、任意団体や個人も加入をしておくべき保険だといえるでしょう。 イベントにおいて、不測の事故が起こらないという保証はどこにもありません。例えば、運動会でテントが倒れて参加者が下敷きになってしまった、来場者に提供した飲食物が原因で食中毒になってしまった。会場の設備を壊してしまったなど、楽しいイベントにもたくさんのリスクがあります。イベントで死傷者と重軽傷者を出した事故が起き、5億円もの損害賠償が命じられた判例もあります。 主催者自身のためにも、被害者のためにも、イベントを主催する人は賠償責任保険を検討してみましょう。

  • 02

    法人に限らず、人を集める機会がある場合は要検討

    なお、イベントを主催する団体は、法人だけではありません。お祭りや花火大会などの主催者は、ほとんどの場合、町内会などの任意団体になります。あるいは、イベントの主催者が個人である場合も、決して少なくありません。イベントに関する保険は、民間の会社をはじめ地方自治体、町内会、官公庁、学校教育関係者などが積極的に導入する保険のひとつです。法人に限らず、イベントの主催を行なう場合はイベント賠償責任保険に加入することをおすすめします。 しかし、イベント前は準備に追われ、約款をしっかりと読まずに加入を決めてしまうところもあるようです。 イベント保険に加入することは大事ですが、どこまで補償してくれるのかを確認しておかなければ、万が一のための保険も役に立たなくなってしまいます。 また、すべてのリスクに対応するために複数の保険に加入すると、補償内容が重複し、余計にコストがかかってしまう可能性があります。できるだけ加入する保険の数を減らし、オプションでついている特約などをうまく活用すれば、必要最低限のコストで加入できるでしょう。