HOME » 経営者が知っておくべき、事業リスクの事例

会社を崩壊させる原因はこんなにある!経営者が知っておくべき、
事業リスクの事例

健全な経営を行うために、経営者はさまざまな事業リスクに対して適切な対処法を考える必要があります。ここでは、代表的な事業リスクと具体的な事例を取り上げ、経営者が負う責任や対策の立て方について紹介します。

イメージ

会社が負うべき事業リスクとは

事業リスクの種類と経営者が負う責任とは

企業が事業を行ううえでリスクは必ず生じます。そんなリスクの対策を立てるには、まず具体的にどのような事業リスクが生じるのかを知ることが重要です。

ここでは代表的な事業リスクについて、その要因や実際に起きた事例をまとめています。また、経営者が負わなければいけない責任についても紹介します。

  • 売上減少・経営悪化

    売上減少・経営悪化(イメージ)

    業績不振で会社が倒産したとき、経営者が負う責任とは?

    順風満帆に成長してきた企業でも、売上が落ち込む時期もありますし、赤字転落・経営悪化に直面するリスクもあります。

    例えば、自然災害や事故、景気の変化など外部要因により経営が傾くこともあるでしょうし、従業員の流出や放漫経営など経営悪化の理由が企業内にあることも考えられます。

    こうした事業リスクが引き金となって会社が倒産した場合、経営者にどのような責任が生じるのか、またその責任に対して対策の立て方などをまとめました。

  • 企業イメージの低下

    企業イメージの低下(イメージ)

    ブランド力の低下やコンプライアンス違反もリスクの一因

    予期せぬ事態で企業のブランドイメージをダウンさせることも、事業リスクのひとつです。

    自社に対しての風評被害やネガティブキャンペーンが起きるかもしれませんし、従業員や経営者の不祥事(コンプライアンス違反など)によって、企業イメージが損なわれる可能性もあります。

    近年は、品質に関するトラブルについて消費者がシビアになっています。信頼を失うだけでなく、場合によっては刑事事件に発展することもありますので、経営者は安全管理もしっかり対策していかなければなりません。

    こうした事業リスクや、経営者の責任について紹介します。

  • 製品・サービスによる事故

    製品・サービスによる事故(イメージ)

    製品の大量自主回収から重大事故への対応まで

    欠陥製品や製品事故が原因で、経営状態が極めて悪化するケースがあります。特に大企業の大量生産製品でこのような事態が起きれば、リコールにともなう大量自主回収への対応で大きな損害を受けることになります。

    また、製品事故が原因で消費者がケガや死亡する事態になれば、刑事責任と民事責任を負うことにもなります。

    ここで、改めて消安法(消費生活用製品安全法)が定める製品事故の定義を確認し、事故が起きたい際の対応や経営者が負う責任について説明します。

  • 施設等の管理不備による事故

    施設等の管理不備による事故(イメージ)

    自社ビルで起きた火災や転落事故、経営者の責任は?

    ビル火災や転落事故、エレベータの開閉事故など、会社が所有または管理する建物や施設に不備があって、利用者が被害を受けるというケースも、事業リスクのひとつとして考慮すべき事案です。

    利用者が大きなケガや死亡するということになれば、経営者は業務上過失致死傷に問われる可能性もありますし、民事上でも損害賠償責任が追及されることもあります。

    リスクを未然に防ぐための対処法や、万が一起きてしまったときのことを考えて備えるべき方法をまとめました。

  • データ紛失・流出

    データ紛失・流出(イメージ)

    うっかりミスや不正アクセスを減らすには?

    個人情報や、自社または取引先企業の機密情報などが流出する事件が後を絶ちません。リスク対策を講じているとはいえ、情報漏えいやデータ紛失事故の件数は、ここ数年増え続けているという調査報告もあります。

    置き忘れや操作ミスといった、いわゆるヒューマンエラーについての対策だけでなく、ウイルス感染など外部からの攻撃にも備える必要があります。

    いずれにしても、消費者や取引先に損害を与えれば賠償責任を追及されることも考えられますので、それに対して備えることも必要です。

  • 従業員の労働災害

    従業員の労働災害(イメージ)

    増え続ける労災。セクハラ・パワハラも該当

    労働災害には、業務中や通勤中に従業員が巻き込まれる事故やケガのほかにも、長時間労働などが原因で生じる病気・自殺・過労死、さらには不当解雇、セクハラ、パワハラなども含まれます。

    こうした労働災害の被害にあって長期休業または亡くなった方は年間12万人にものぼり、決して他人事ではない事業リスクといえるでしょう。

    場合によっては、従業員またはその家族が企業を相手取って訴訟を起こすケースもありますので、経営者は最悪の事態にも備えておく必要があります。

  • 取引先・株主からの訴訟

    取引先・株主からの訴訟(イメージ)

    対法人相手の訴訟は高額賠償になる事例も多い

    取引先にわたす商品に欠陥があったなど、相手に損害を与えた場合には損害賠償を請求される可能性があります。

    また、経営者や経営陣の取った行為により企業が大きな被害を受けた場合には、会社に成り代わって株主が代表訴訟を起こすこともあります。

    これらのケースの被害者は個人ではなく法人ですから、損害賠償請求額は高額になることがほとんど。なかには数百億円の支払いが経営陣に命じられた判決も、日本では増えています。

    こうした事態に備えて、経営者がやっておきたいリスクマネジメントをご紹介します。

  • あらゆるリスクから会社を守るために

    あらゆるリスクから会社を守るために(イメージ)

    リスクマネジメントの進め方と、万一に備えたい保険

    さまざまな事業リスクに対して、経営者は企業を守るためにリスクマネジメント(危機管理対策)を行うことが大切です。

    リスクマネジメントとは、あらゆる事業リスクに対して、最小コストで予防または適切な処理をし、被害損失を最小限に抑える施策のこと。

    その施策の立て方について、具体的にどのように進めていけばよいのかを、ここで紹介します。

    また予期せぬリスクが起きたときに、手厚い補償がある保険も対策のひとつです。会社として備えておきたい保険についても案内します。

  • リスクの顕在化への対応

    リスクファイナンス(イメージ)

    企業におけるリスクファイナンスの手法

    リスクマネジメント(危機管理対策)を行うにあたり、最終的にはファイナンス(資金調達等)に行き着きます。

    リスクファイナンスとは、万が一のリスクが顕在化した時に対応する、資金面での予防保全的な取り組みのことをいいます。

    大きく分けて2つの方法論がありますが、リスクの移転にあたる保険加入などが一般的です。

    ここでは、リスクファイナンスの概要をご紹介するとともに、経営者であれば検討すべき保険についても合せてご案内します。