HOME » 【社外リスク】業種別に見る会社の賠償責任事例

【社外リスク】業種別に見る会社の賠償責任事例

会社は様々な面で社会的に責任を負う存在。製造物や管理施設、業務遂行課程に労働環境、そして従業員に対する使用者責任など、トラブル時に賠償責任を問われるポイントを説明します。

イメージ

会社の賠償責任とは

会社はその道のプロとして広範な賠償責任を認識すべき

会社を運営するということは様々な社会的に責任を負うことでもあります。製造・加工する製品や提供するサービス、施設や従業員の管理も含めて、事故やトラブルを起こした時は管理義務違反や使用者責任などを問われて、賠償責任を負うことにもなります。

特に、会社はその事業のプロと見なされるので、損害賠償請求の裁判では問題を予見しておくべきとされることもあり、経営者は常に経営リスクとして広範な責任意識を持っておくべきでしょう。

  • xxx(イメージ)

    製造業

    製造物及び製造・販売工程の管理責任が問われる

    自動車メーカーや家電メーカーなどは大規模リコールで製品回収や危険性の周知などで莫大な費用と手間をかけざるをえない事態になることがあります。

    もちろんこれは大企業だとニュースになるからわかる話しで、製造業においては社会に流通させた後も製造物責任がついて回るのです。

    また、製造・販売では工場や倉庫、流通工程などにおける安全管理の義務もあり、詳細ページではリスクとなりうる要素について解説しています。

    製造業の会社が賠償責任を問われた裁判の中でも、製造物の欠陥などによって火災が発生、製品を導入した会社やエンドユーザーなどに損害を与えた裁判事例を中心にピックアップしてみました。製造物責任だけでなく危険性についての十分な注意喚起も製造者の責任となります。

  • 建設・工事業(イメージ)

    建設・工事業

    工事中も引き渡し後も会社の賠償責任はついて回る

    建設業や工事業では危険を伴う作業が少なくないこともあり、第三者や作業員に対する安全管理義務はより高いレベルでの対策が必須となります。

    また、工事期間中だけでなく、建設・工事が終わって引き渡した後でも製造物や完成作業に対する責任を問われることがあり、そうした安全配慮や賠償責任の及ぶ範囲を詳細ページで解説しています。

    建設業や工事業では発注会社から元請・孫請・一人親方といった具合に請負業者が多層化するのが一般的で、事故が起きた場合に責任の所在が複雑化する傾向があります。

    詳細ページでは、建設業や工事業の現場で起きた事故の訴訟・判例から、請負業者間の賠償責任を調べてみました。

  • 運送業(イメージ)

    運送業

    運転中の事故から労働環境の整備まで責任範囲は広い

    過重労働や残業代の未払いなど、会社内部での労働環境が社会問題にもなっている運送業。従業員が健康かつ安全に働ける環境を整備するのも会社の責任です。他にも、預かった貨物に対する責任もありますし、運転には対人・対物事故もつきもの。倉庫や集積所での積み卸し作業なども含めて運送業の業務に関連する安全配慮義務や賠償責任について解説しています。

    大手運送会社の営業所内で起こった車両事故と暴行事件や、30億円を超える賠償命令が出された高速道路上の火災事故など、運送業を取り巻く事故に関する裁判事例を調べてみました。運送会社などが大きな賠償責任を負うことの教訓となるでしょう。

  • 販売業(イメージ)

    販売業

    PL法や安全衛生管理、消防法など関連法令は多岐

    不特定多数の人々が往来する販売業の現場では、お客様に対する安全管理はいうまでもなく、従業員や出入り業者など多くの人たちに対して安全や衛生をきちんと管理する責任を負います。また、製品を店舗で加工販売していれば製造物責任を問われることもあり、様々な法律を遵守する組織づくりができていないと、不法行為責任によって大きな賠償責任を負うことにもなりかねません。

    詳細ページではショッピングセンターやコンビニエンスストアでの転倒事故、コンタクトレンズ使用による視力低下、さらには商標を巡っての争いなど販売業で賠償責任を問われた裁判事例をピックアップしてみました。

  • 飲食・食品業(イメージ)

    飲食・食品業

    製造物責任や個人情報保護など多様な賠償責任

    飲食業や食品業では食中毒事故など衛生面での安全安心管理がクローズアップされます。もちろん、これはもっとも重要なポイントではあるのですが、例えば街の総菜店でも店舗で加工販売すれば製造物責任が問われますし、飲食店などお客様との接点があれば個人情報保護責任も発生します。

    詳細ページでは、こうした飲食に関連する安全配慮義務や賠償責任について、多様な側面をまとめてみたのでご参照ください。

    詳細ページではレストランや料亭、総菜店などタイプの異なる店舗で起こった食中毒事故と、その訴訟・判例を取り上げています。食中毒事故が起きた場合、原因の追求とその責任を負うのは誰かが主な争点となります。

  • IT事業(イメージ)

    IT事業

    一定割合でトラブルが起こりうるIT企業の経営リスク

    システム開発をはじめとしてIT企業における納品物にはどうしても一定割合でバグがつきもの。製造物責任という観点からすれば、常に経営的リスク要因になるわけで、それによって発注会社に損害を与えてしまうと賠償責任を問われることになります。

    詳細ページでは管理義務のあるデータを消失・破棄してしまうケースや、システムやネットワークの不具合になどによる稼働障害、そして情報流出などの賠償責任について解説しています。

    市販ソフトの不正利用やシステムの不具合、データ消失、クレジットカード情報の漏洩など、本来あってはならないトラブルによってIT関連会社が損害賠償請求をされた裁判事例を調べてみました。中には100億円を超える賠償額の支払命令が出たケースもあります。

  • サービス業ほか(イメージ)

    サービス業ほか

    ホテル・旅館業から医療機関までサービス業のリスク

    ここでいうサービス業とは“非物質的生産物”を生産する業務全般を意味します。具体的にはホテル・旅館業、保育施設、塾、医療機関といった業種のビジネスにおける安全配慮義務や賠償責任について解説しています。主なリスク要因としては施設や提供サービスの安心安全があり、それぞれの業種でついて回るトラブルもあることを認識しておく必要があります。

    詳細ページではサービス業に属する会社が起こした事故による訴訟及び判例を紹介しています。ホテル8階の大浴場から利用客が転落死したケースや、客室で一酸化炭素中毒を起こして死亡したケース、エステサロンの施術でアトピー皮膚炎になってしまったケースなどを取り上げています。