HOME » 会社経営をサポ―トする賠償責任保険の一覧! » 損保ジャパン日本興亜|企業経営をサポートする賠償責任保険
会社をサポートする賠償責任保険の一覧
損保ジャパン日本興亜(サイトイメージ)
引用元:損保ジャパン日本興亜公式HP (http://www.sjnk.co.jp/)

損保ジャパン日本興亜

1888年創業の歴史に裏打ちされた継続性を持つ損保会社

損保ジャパン日本興亜は、2014年に損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が合併して発足した会社。法人向けの賠償責任保険として「ビジネスマスター・プラス」をはじめさまざまなリスクをサポートする商品を提供しています。

損保ジャパン日本興亜の強み

損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険の強みは、事業に合わせたプランを選べる点です。「ビジネスマスター・プラス」では、「ビジネスプラン」「工事業プラン」「物流業プラン」「傷害プラン」の4つのプランのうちから選べます。4つのプランのなかに気にいったプランがなくとも、2つ以上の補償を組み合わせて、ニーズにあった保健を選べます。補償を自由に選べる柔軟さが、損保ジャパン日本興亜の強みともいえます。

「商賠繁盛」では、「運送業」「工事業」「製造業」「販売業」「飲食業」「サービス業」「IT事業」の7つのプランを選べます。1888年創業の歴史で培ったノウハウを生かし、的確な補償サービスを提供してくれます。施設な欠陥などに起こった事故や、商品の欠陥によって発生した賠償責任などを保証する「起業総合賠償責任保険」では、様々なオプションを選べ、オーダーメイドの補償を選べます。

災害による建物などの損害から、休業における損失まで幅広く補償してくれる「企業総合保障保健」では、火災によるガラス破損までも補償してくれます。その他、業務上の災害により被使用者に身体障がいをまねいた使用者の賠償金補償「労働災害総合保険」や、企業の従業員が業務災害に見舞われたさいの治療費が保証される「従業員あんしんプラン」などがあります。

損保ジャパン日本興亜の法人向け賠償責任保険

損保ジャパン日本興亜が提供する法人向け賠償責任保険には、事業活動におけるさまざまなリスクを1つの契約で包括的にカバーする「ビジネスマスター・プラス」や、業種ごとに必要な補償内容をパッケージ化した「商賠繁盛」などがあり、企業のニーズに合わせてプランを選択することができます。

ビジネスマスター・プラス

業務にまつわる様々なリスクに対する補償から選べる

ビジネスマスター・プラスは、業務上で火災や物損、事故など、事業活動を取り巻く様々なリスクを補償する保険です。物損・休業・賠償・傷害の4つのリスクに対する補償ユニットから、必要に応じて2つ以上を選び組み合わせることで、リスクをカバーします。

補償内容

ビジネスマスター・プラスの補償内容とは

ビジネスマスター・プラスには事業に合わせた4つの補償プランがあり、事業者のニーズに合わせて補償を選ぶことができます。

  • ビジネスプラン

    ・物損害に関する補償:倉庫や事務所、店舗などの備品や商品、設備など
    ・休業に関する補償:商品や機材の破損、損傷による休業で生じた損失
    ・損害賠償に関する補償:食中毒ややけどなど、顧客や取引先に与えた障害
    ・傷害に関する補償:労災中に起きた従業員のケガや病気など

    「対象となる業種」

    店舗を構えて商品を販売している小売業や、顧客からの預かり物を倉庫に保管している業者、料理や調理・提供している飲食業、その他にも高価な機械や専門機器を扱う製造業など。

  • 工事業プラン

    ・賠償に関する補償:工事中の事故で生じた損害賠償責任
    ・傷害に関する補償:労災中に起きた従業員のケガや病気など
    ・物損害に関する保障:工事中の事故で損傷した機材や設備、じゅう器など

    「対象となる業種」

    クレーンなどの工事車両を扱う建築業者や、電気の配線工事を請け負う工事業者、高所や炎天下での作業を行う人材を派遣している企業。その他にも、工事用の資材を保管する倉庫を管理している業者など。

  • 物流業プラン

    ・賠償に関する保障
    積載貨物やガラスの破損など
    ・休業に関する保障
    ・傷害に関する補償
    労災中に起きた従業員のケガや病気など
    休業を余技なくされて生じた損害

    「対象となる業種」

    トラックなどの車輌を使って荷物を運搬する運送業や、顧客から預かった荷物を高層マンションや企業ビルへ届ける配達業といった、人から荷物を預かったり、それを運んだりする業種。

  • 傷害プラン

    ・傷害に関する補償:労災中に起きた従業員のケガや病気など

    「対象となる業種」

    従業員のいる全ての業種が対象です。特に、危険な作業や、空調設備のない場所での作業を必要とする業種、大勢の従業員が自動車を使って通勤・移動したりする事故リスクの高い業種は典型でしょう。

保険料の例

ビジネスマスター・プラスの補償・保険料

ビジネスマスター・プラスは、保険金額、支払限度額、免責金額、業種、特約、保険料など、契約する補償内容によって具体的な保険料が異なります。詳細については損保ジャパン日本興亜まで問い合わせが必要です。

商賠繁盛

事業中に発生した賠償保障をパッケージ化した保険

事業活動において損害賠償が発生した際に、被害者への賠償金や、訴訟費用など、損害賠償にかかる補償をパッケージ化した保険です。業種ごとにプランがわかっれているので、ニーズに合った手厚い補償が受けられます。

補償内容

商賠繁盛の7つのプランの補償内容とは

商賠繁盛は業種ごとに契約することができます。下記の7つのプランがあります。

  • 運送業

    ・預かっている物に対する事故 ・業務中の事故 ・建物・設備を原因としての事故 など

    「対象となる業種」

    倉庫内での荷物の仕分け・運搬作業にフォークリフトなどを使う運送業者や、顧客の自宅へ家具・家電を運び入れる引っ越し業者、飲食物や薬品、食品の原材料を安全に配送しなければならない業者など、顧客の荷物の保管・運搬に関わる全ての業種が対象です。

  • 工事業

    ・工事中の事故 ・工事終了後の事故 ・施設の事故

    「対象となる業種」

    工事中の落下事故の危険性があったり、子供が作業場内に忍び込んでケガをしたりと、工事作業のリスクに関わる業者が全て対象です。また、製造機器の修理を請け負った後、それに不具合が生じて不良製品が出た場合や、機器の修理中に発生したトラブルで顧客の業務が停止し、損害を与えた場合なども補償される為、修理業に関わる業種も対象となります。

  • 製造業

    ・建物・施設を原因としての事故 ・製造した商品を原因としての事故

    「対象となる業種」

    工場内にある機械の不具合によって従業員がケガをした場合や、製造した商品に欠陥があって使用者に被害が出た場合など、必要な賠償金や訴訟費用をカバーしてくれる為、様々な商品を開発・製造している業者が広く対象になります。

  • 販売業

    ・販売、サービス業務を原因として発生した事故 ・販売した商品を原因として発生した事故 ・建物・設備を原因として発生した事故

    「対象となる業種」

    自社工場で商品を製造して販売している業種や、仕入れた商品を店舗で販売している小売業などが対象です。製品の不具合によって被害が出た時だけでなく、商品を配達中に事故を起こした時も補償されるので、作業員や販売員を雇っている業種にとって有益な法人保険です。

  • 飲食業

    ・製造・販売した商品を原因として発生した事故 ・建物・設備を原因として発生した事故 ・販売・サービス業務を原因として発生した事故

    「対象となる業種」

    調理した料理に異物が混入していたり、他の企業へ販売した食品によって食中毒が発生したりした時に補償される法人保険です。レストランや食堂、食品加工業者だけでなく、お弁当や給食の配送を委託される業者など、飲食物に関わる業種が対象です。

  • サービス業

    ・販売・サービス業務を原因として発生した事故 ・預かり物を原因として発生した事故 ・建物・設備を原因として発生した事故

    「対象となる業種」

    サービス業に関わる事業リスクを総合的にカバーする法人保険です。対象となる業種は、旅館やホテル、ゴルフ場・遊技場、理美容室、サウナ・公衆浴場などの他にも、カルチャースクールやアスレチッククラブ、結婚式場や葬儀場といった冠婚葬祭に関わる業種や、ハウスクリーニング業といったものが含まれます。

  • IT事業

    ・データの消失・破壊 ・システム・ネットワークの中断・使用不能 ・情報の漏えいまたはそのおそれ

    「対象となる業種」

    情報サービス事業者、SE・ソフトウェア開発業者、WEBコンテンツ事業者、インターネットプロバイダといったIT事業者だけでなく、ネット通販で商品を販売する業者や、ネットを介して取引を行う業者、個人情報を保管している学校や病院など、数多くの業種が対象になります。

保険料の例

業種に合わせた補償・保険料の契約例

業種、売上高、支払限度額、免責金額、業種、特約など、契約する補償内容によって具体的な保険料は異なるため、問い合わせが必要です。目安となる保険契約の例を紹介します。

  • 運送業

    ・一般貨物運送業/220,000円(年)

  • 工事業

    ・建設工事業/295,650円(年) ・道路工事業/289,300円(年)

  • 製造業

    ・繊維品、革製品製造/29,100円(年) ・ガラス製品製造/123,500円(年)

  • 販売業

    ・靴小売り/18,200円(年) ・スーパーマーケット/36.600円(年)

  • 飲食業

    ・レストラン/94,200円(年) ・パン、菓子製造小売り/59,150円(年)

  • サービス業

    ・ホテル/223,200円(年) ・美容室/31,840円(年)

  • IT事業

    ・IT事業(ホスティング)/508,400円(年) ・製造、建設、小売業/183,000円(年)

企業総合補償保険

災害による建物などの損害や休業における損失までを手厚くサポート

企業総合補償保険は、今までの火災保険の補償範囲に加えて、水災やガラス破損などさらにすべてのリスクを想定してサポートしてくれ、また休業における損失の補償も付帯しています。

補償内容

保険金支払いの対象となる補償

災害などによる財物の損害と休業による損失を補償してくれます。

  • 保険の対象となる災害
  • 火災・落雷・爆発・破裂
  • 風災・雪災
  • 給排水設備の水漏れ
  • 破壊行為におけるガラス破損
  • 不測かつ突発的な事故
  • 騒ぎなどを起こし秩序を乱す集団などによる損失
  • 災害などによる休業における損失  など
保険料の例

掲載なし

保険の対象となる災害

火災や落雷、爆発・破裂による被害、強風や豪雪、雹による風災・雪災・雹災、大雨による浸水や雨漏りといった水災、さらには電気機器のトラブルによる事故や、機械設備の故障・破損、その他にも様々なトラブルの被害が補償対象です。

火災・落雷・爆発・破裂

溶接機やバーナーの操作ミスで作業場が火事になった、近隣の化学工場で発生した火災が燃え移って倉庫が全焼したといった場合の被害が補償されます。特に、工業地帯や住宅密集地に工場や事務所がある企業にとっては重要な補償です。

風災・雪災

大型台風や突風、大雪によって倉庫が壊れたり、保管していた商品に破損・汚損が生じたりした場合に被害が補償されます。台風や大雪の恐れがある地域の企業では大切でしょう。

給排水設備の水漏れ

給排水設備に水漏れが発生して、事務所の改修費用が必要になった場合や、商品に被害が出た場合に補償されます。

破壊行為におけるガラス破損

いたずらによって建物の窓に石が投げられたり、空き巣に窓が割られたりした際の修繕費用が補償されます。

不測かつ突発的な事故

例えば、従業員の操作ミスや思わぬトラブルによって、機械設備が故障したり、破損したりした場合に、その修理・交換費用が補償されます。

騒ぎなどを起こし秩序を乱す集団などによる損失

例えば、スポーツの世界大会などで盛り上がった若者らが暴れて、店舗の入り口や看板が破損してしまうかも知れません。繁華街に店舗を構える事業者にとっては無視できない問題です。

災害などによる休業における損失

火災などで工場が全焼したり、商品が失われたりして、営業が続けられなくなった場合に、事故がなければ得られていたであろう利益について補償されます。

企業総合賠償責任保険

オーダーメイド設計で事業活動におけるリスクを包括的にカバー

企業総合賠償責任保険は、施設の欠陥などによって起こった事故や、製造・販売した商品の欠陥などによって生じた事故などの賠償責任の補償をはじめ、企業ニーズに合わせてさまざまなオプションを付帯できるオーダーメイド設計となっています。

補償内容

保険金支払いの対象となる補償

施設管理上の不備による事故や、建築工事などの請負中の事故など事業活動における事故などが生じた際に賠償責任を補償してくれます。

  • 保険の対象となる災害
  • 使用・管理する施設の欠陥による事故
  • 施設内外で販売・生産中の事故
  • 建築工事や設備工事など請負中の事故
  • 製造や販売した商品の欠陥による事故
  • 業務の結果により生じた事故
  • 文書や図画など表示行為による名誉棄損、プライバシーの侵害
  • 宣伝行為などによる名誉棄損やプライバシーの侵害 など
  • その他企業ごとのニーズに合わせてオプション補償を追加選択可能
保険料の例

掲載なし

会社と従業員のさまざまな賠償リスクを補償

損保ジャパン日本興亜の法人向け保険には従業員を守るための労災事故による賠償責任を補償する「労働災害総合保険」や、業務や通勤による災害によるケガを補償する「従業員あんしんプラン」があります。また会社を守る保険として、災害による建物や設備の損害や休業による利益の損失までを補償する「企業総合補償保険」、企業のさまざまな賠償リスクを包括的にカバーする「企業総合賠償責任保険」があります。

労働災害総合保険

使用者への賠償金・補償金を手厚くサポ―ト

労働災害総合保険は業務上の災害で被使用者が被った身体障害に対して、使用者が支払う賠償金・補償金を補償する保険です。補償には2つのプランがあり、任意に組み合わせて加入することができます。

補償内容

労働災害総合保険の補償内容とは

労働災害総合保険は「法定外補償条項」と「使用者賠償責任条項」の2つの補償があります。自由に組み合わせて契約することで、労災時に企業が負担する賠償金等にかかる必要な補償を選ぶことができます。

  • 法定外補償条項

    従業員が労災認定された時の上乗せ補償。従業員またはその遺族に支払う補償金を保険金として支払います。

    ・死亡補償保険金 ・後遺障害補償保険金 ・休業補償保険金

  • 使用者賠償責任条項

    労働災害の責任が使用者側にあり、労災保険や法定外補償を超えた賠償責任を負担する際の、損害賠償金等を補償します。

    ・損害賠償金および争訟費用

保険料の例

労働災害総合保険の補償・保険料

従業員の数、支払限度額、免責金額、特約など、契約する補償内容によって具体的な保険料が異なります。詳細については損保ジャパン日本興亜までお問い合わせ下さい。

従業員あんしんプラン

2つの特約がセットになって福利厚生を手厚くサポート

従業員あんしんプランは、傷害総合保険と2つの特約がセットになった保険です。企業の役員や従業員が、業務災害や通勤災害に見舞われた場合の、治療費、通院費用、見舞金などを補償して、福利厚生を手厚くサポートします。

補償内容

保険金支払いの対象となる補償

業務上の災害に加えて、通勤災害も補償の範囲です。またケガによる死亡や後遺症、入院に対しても手厚くサポート。医師の診断が必要なく、スピーディに保険金を支払います。

保険の対象となる災害

  • 車にはねられた
  • 車と衝突してけがをした
  • 出張中に旅客機が墜落による死亡
  • 火災によるけがや死亡
  • 資材が倒れてケガをした
  • 器械に巻き込まれてケガをした
  • 階段で転倒してけがをした
  • バスのステップを踏み外してケガをした など
 保険料の例

従業員あんしんプランの補償・保険料

従業員の数、支払限度額、免責金額、業種、特約など、契約する補償内容によって具体的な保険料が異なります。詳細については問い合わせが必要です。目安となる保険契約の例を紹介します。

従業員20~99名の企業で従業員が全員加入する場合

(職種級別A級)

  • 死亡後遺症補償2,000万円/14,070円(年額)1,290円(月額)
  • 死亡後遺症補償1,000万円/8,250円(年額)760円(月額)
  • 死亡後遺症補償2,000万円/4,530円(年額)420円(月額)

【業種別】リスクに備えた賠償責任補償内容

賠償責任保険でサポートすべき領域は業種に応じて異なります。損保ジャパン日本興亜の賠償責任について、代表的なリスクとそれに応じた補償内容を業種別に見ていきましょう。

製造業のための賠償責任補償内容

代表的リスク
  • 作業中の事故や、製造したものの欠陥・不具合による損害(身体/財物)
  • 工場など管理施設の欠陥・不備による損害(身体/財物)
  • 作業機器や預かっている材料などの損壊・喪失による損害
  • 海外出張や輸出入に関連した海外でのトラブル
リスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険
  • ビジネスマスター・プラス(ビジネスプラン)
  • 商賠繁盛(製造業)
  • 労働災害総合保険

建設・工事業のための賠償責任補償内容

代表的リスク
  • 工事作業中の事故による損害(身体/財物)
  • 管理施設や工事現場での事故による損害(身体/財物)
  • 引き渡し後の建造物で生じた事故に対する損害(身体/財物)
  • 作業のやり直しや工期の遅れなどによる損害
リスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険
  • ビジネスマスター・プラス(工事業プラン)
  • 商賠繁盛(工事業)
  • 労働災害総合保険

運送業のための賠償責任補償内容

代表的リスク
  • 輸送中の事故による損害(身体/財物)
  • 搬出入や積込作業時の事故による損害(身体/財物)
  • 倉庫など管理施設での事故や災害、預かり品の盗難による損害
  • 配達の遅れによって生じた損害への賠償責任
  • 過重労働などに対する従業員からの損害賠償請求
リスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険
  • ビジネスマスター・プラス(物流業プラン)
  • 商賠繁盛(運送業)
  • L-Pack
  • 運送業者貨物賠償保険
  • 労働災害総合保険

販売業のための賠償責任補償内容

代表的リスク
  • 販売した商品や、従業員の顧客対応に起因する損害(身体/財物)
  • 店舗や倉庫など管理施設の欠陥・不具合による損害(身体/財物)
  • 在庫の盗難や製品リコールなどによる損害
  • ハッキングなどによる顧客情報の漏洩による損害
リスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険
  • ビジネスマスター・プラス(ビジネスプラン)
  • 商賠繁盛(販売業)
  • 個人情報取扱事業者保険
  • 労働災害総合保険

飲食・食品業のための賠償責任補償内容

代表的リスク
  • 提供・製造した飲食物による食中毒に対する損害賠償
  • 配達先へ料理を届ける際の事故(身体/財物)
  • 店舗や工場で生じた事故や災害による損害(身体/財物)
  • 製造機器や預かっている材料などの損壊・喪失による損害
  • 風評被害の解決や企業イメージ回復の為にかかる様々な費用
リスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険
  • ビジネスマスター・プラス(ビジネスプラン)
  • 商賠繁盛(飲食業)
  • 労働災害総合保険

IT業界のための賠償責任補償内容

代表的リスク
  • ハッキングなどによる顧客情報の漏洩に対する損害賠償
  • 管理システムの不具合などによって生じた損害に対する賠償
  • サイバー攻撃の発生や再発を予防する為に必要な費用
リスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険
  • ビジネスマスター・プラス(ビジネスプラン)
  • 商賠繁盛(IT事業)
  • 個人情報取扱事業者保険
  • 労働災害総合保険

サービス業のための賠償責任補償内容

代表的リスク
  • 業務中のトラブルによる損害(身体/財物)
  • 従業員のミスによる損害(身体/財物)
  • 管理施設の欠陥・不備による損害(身体/財物)
  • ハッキングなどによる顧客情報の漏洩に対する損害賠償
  • 風評被害の解決や企業イメージ回復の為にかかる様々な費用
リスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の賠償責任保険
  • ビジネスマスター・プラス(ビジネスプラン)
  • 商賠繁盛(サービス業)
  • 労働災害総合保険

企業向けのそのほかの保険

  • ビジネスマスター・プラス

    事業活動を取り巻く様々なリスクに対して満遍なくカバーした保険です。これまで火災保険、店舗休業保険など、リスクごとの加入が必要でしたが、それらを1つの保険で全て網羅して、手厚くサポートしています。

  • BEST WORK

    パートやアルバイトを含めた全従業員を対象とした団体傷害保険です。業務中の事故やケガにも対応し、オプションをつけることで、役員や労働派遣者等も補償します。スピーディに対応します。

  • 一般自動車保険『SGP』

    オーダーメイド組み立てができる企業向けの総合自動車保険です。対人・対物・人身・車両の4つの基本補償がセットになり、自動車事故に関する様々なリスクに対応しています。

  • L-Pack

    運送業者が受託した貨物の輸送中などに生じた損害を補償します。輸送中だけでなく、保管中や梱包作業中などもトータルしてカバーするので運送業を営む事業者にとって手厚いサポートになっています。補償範囲を限定した「L-Packスリム」も取り扱っています。

  • 運送業者貨物賠償保険

    運送業者が貨物の輸送中に生じた損害を荷主に対して賠償責任を補償する保険です。火災や爆発など限定的に補償する限定型と、ほとんどのすべての事故による損害を補償するワイド型があります。

  • 個人情報取扱事業者保険

    個人情報が漏えいした際などに損害賠償金の支払いや、謝罪会見・謝罪広告などに要する費用を補償するなど企業における個人情報漏えいのリスクをカバーします。

損保ジャパン日本興亜の会社データ

社名 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
設立 1888年(明治21年)10月
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-26-1
公式サイトURL http://www.sjnk.co.jp/